東京住建やユニバーサルホームなど様々なハウスメーカーをまとめています。

TOP

地震大国である日本では地震対策として様々な対策を施しています。
その中でもいま、注目を浴びているのが”制震”です。
制震とは一体どういうものなのでしょうか。

制震とは

制震とは地震のエネルギーを吸収することで、揺れをおさせる仕組みです。
その結果、家の変形を防いだり、損傷を最小限にしてくれます。
耐震のイメージは耐えるという感じですが、制震の場合は逃がすというイメージです。
目的は一緒ですが、耐震・免震とは別ものです。

大規模な建築物(高層ビルなど)に使用されることが多い中、最近では住宅への効果もあるのではないかと検証してみたところ効果があったため採用している人が増えています。
免震に比べると安価。費用は平均50万円が目安となります。
制震装置の形状や素材は各メーカで異なりますが、壁内に組み込んで設置します。

・パネル型高減衰ゴムバインダー
建物の変形時にパネルの動きによって上下部分の高減衰が変形います。
変形することでエネルギーを吸収します。

・ブラケット型オイルダンパー
建物が変形した時に、フレームを固定側と変位側のブラケットに取り付けた
オイルダンパーの伸縮によってエネルギーを吸収します。

他にも「マスダンパー型」、「連結型」、「パッシブ制震」、「セミアクティブ制震」、「アクティブ制震」とあります。imasia_7058713_S
制震装置をつけていても実際には揺れの大きな違いはないと言われることがあります。しかし制震の最大のメリットは建物へのダメージを減らすことにあります。
制震で建物の変形を防ぐことが出来れば、タイルの落下、ひび割れなどの被害を免れることも可能です。

大切な我が家を守るためにも検討してみてはいかがでしょうか。
当サイトでは制震構造を採用しているハウスメーカーをまとめています。
是非、ご参考にしてみて下さい。